Image
WELCOME TO MY HOMEPAGE
室内アンテナにしよう!
大失恋(パルウス神話崩れる…か?)
アナログ時代の悪戦苦闘記
Image

 

プロローグ
第一章
第二章
第三章
第四章

■第5章

第六章
第七章
第八章
第九章
第十章
第十一章


復活!ブルーバードへ

第五章

■大失恋(パルウス神話崩れる…か?)

いよいよ、パルウスの取り付けとなった。
最初の作業は、リアウインドウに、フィルムアンテナの貼りつけである。
作業内容としては、通常のフィルム貼りと同一で、

クリーニング→ウインドウに石鹸水を霧吹きで濡らす→フィルムの糊面にも霧吹きで石鹸水をまんべんなく、吹きつける→貼りつけ…

シールドフィルムと異なるのは、このフィルムは厚さがあるので、意外と貼りつけは簡単である。
充分にウインドウとフィルムに、石鹸水を吹きつけていれば、空気が入っても少々の小粒なサイズであれば、時間が経つと同時に自然消滅するのである。

パルウス見えます?(よそのクルマですが…)

ここで問題なのは、貼りつけ位置である。
取り説には、特に貼りつけ位置に付いてコメントは無かった…そうなると、一番上面で外側に、貼りつけたくなるのが人情である。
自分も、自然の摂理?に従って、最上面でウインドウの一番外側に貼りつけた。

こんな風に貼り付けます

そこには、プリントされたFMアンテナとTVのアンテナがあった…。

この事が、後から悲劇になろうとは、誰が想像したであろうか?

アースを取り、アンプを接続し、セイワのブースターへアンテナの端子を差し込む、そして、アンプのアースと、電源を確保。

さあ!いよいよTVの電源を入れてみた。うたい文句の通りであれば、恐ろしくクリアーな画面が……

そんなハズは無い!室内ロッドアンテナより写らないではないか!
ブースターの電源を入れても、画質は改善しない!
そんな時に人間というのは、諦めが悪いモノである。特に高額な買い物をした場合には顕著であって…
「これは、走行すれば改善されるのかもしれない…」などという、もはや妄想の領域に突入していた。

結果は、無論、停止時より悪い結果であった。

やはり、うたい文句倒れなのか?
しかし、意外な所から解決の糸口が見出されたのであった。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー