Image
WELCOME TO MY HOMEPAGE
海を渡った日産車たち
中国産藍鳥
Image

お願い:画像解説の文字が画像の下になるようにウインドウの幅を調整下さい。

中国に藍鳥あり!

日本では今ひとつぱっとしないセダン重要であるが、中国では、
セダンの需要が高く、その中でも、中高級車のセグメントが意外
に売れているのだ。
我がブルーバードも、中国ではある意味高級車のセグメントで
好調なセールスを続けている。
その名は「風神汽車 新藍鳥」そう、我らがブルーバードである。

躍動的なショット!藍鳥の勢いが出てる様です                    定番のモノカラー。風格を醸し出しています。

これらの画像を見ていて、はて、一体ベース車は何だろう?と思われる方も多くいらっしゃると思いますが、ベースは
U13のセダン。
全長4703×全幅1695×全高1408という、まるで昔の日本の高級車の様な細長いプローポーションをもつセダン
である。

この「風神汽車」というメーカー、実は、上海、第一に続く中国第三位の自動車
メーカー「東風汽車」の子会社で、近々、合併されて「風神」という名前は無く
なってしまう模様なのだ。
この「新藍鳥」が導入された背景には、日産と東風との激しいやり取りが隠され
ていたのだ。

当初、東風は、利幅が大きく多くの需要が見込める高級車(セドリック)の導入
を日産に働きかけたのだが、これが技術的問題等で日産が拒否!
一時は東風と日産との関係が冷えかかった時期もあったが、トヨタの急激な
進出に危機感を持った両社が歩み寄り、「新藍鳥」のリリースと相成ったのだ。
このショットからみるとベースがU13と分かる。
テールランプの処理に「本当はセドリックが・・」という無念さが・・・

「新藍鳥」のベースはU13とは言え、中国では高級車のセグメントに導入されるので、内装等は思いっきり豪華にしつ
らえられた。

本皮の内装、電動シート・・・そしてインフィニティばりのインパネのアナログ時計。


細部に渡って上質・・・なんていう、シルフィーのTVCMのキャッチが
吹っ飛んでしまうくらいに、本当にデザインされ、本当に質感の高い
内装。
元々、バブリーな時に開発されたU13で、内装の凝った作りには定
評があったが、ここに来て輪をかけて高級である。
どうだっ!と言わんばかりの気迫のこもった作りの内装。

これだけ装備が入って、車重も増えているので、エンジンはKA24あたりが・・
と思われるかもしれないが、なんとベースのU13と同じSR2ODEのみなのだ。
しかも、U14に積まれた改良型では無く、従来型なのだが、公害対策のゆるい
中国に合わせて、排ガス対策も日本より簡略化されているらしく、これで充分に
必要なパフォーマンスを持っていると言うのだが・・。







見なれたSR20DE 給排気系を見ると前世代だ

さて、中国のブルーバード物語は実はこれで終わりではない。
同じく風神汽車では、もろU13が今でも売られているのだ。

その名は「風神T 7200」である。



日本では、そのスタイルから余り受け入れなかった
U13であるが、かの中国では、かなり好評である
という。
同じアジアでありながら、隣国中国の人々の感性は、
実はアメリカ的なのかもしれない。








復活!ブルーバードへ  海を渡った日産車TOPへ
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー