Image
WELCOME TO MY HOMEPAGE
負け犬では無かった810ブルの戦い
Image

苦難 人が犬を噛むとニュースに・・・

810シリーズと言えば、公害対策や
地味なエクステリアで不人気だった
モデルで片付けられる事が多いが、
じつは後期に飛びっきりの限定車が
あった事をご存知だろうか?

その名は「SPIRIT20」

1979年、ブルーバードというブラ
ンドが生を受けて20年目という事を
祝う20の特別装備を載せたクルマ
だった。

外観はトー・オン・トーンと呼ばれる
独特のツゥートンで彩られ、サンル
ーフやシビエのフォグ、ミシュラン
のタイヤなどなど、当時としては、
どれもこれも喉から手が出るくらい
スペシャルな装備をまとっていた。

今見ても、これがあの不人気な810
なのか?と思うくらいカッコ良いエクス
テリアだ。

810は色々な意味で、それからのブル
の生き方を決定付けたモデルでもあった。

まずは、510や610、までは、下位グレ
ードまで四独が奢られていたが、810
からはSSSのみ4独で、後のモデルはリジットになってしまった。

SSSとそうでないグレードで、外観に違いを付けたのも810からであった。

公害対策やオイルショックなどで、延びに伸びたモデルチェンジ。
予算も大幅に削減された中での登場だったので、ツメが甘かったのも致し方ないだろう。。。

しかし、そんな810も新車効果が出て約40ヶ月ぶりにコロナを販売台数で抜き去った事があった。

私は小学生の高学年だったが、いまでも新聞の記事が忘れる事ができない。。。
ブルーバードに販売台数で抜かれた事に対して、コメントをトヨタへ新聞社が求めてたのだが、その返ってきた
コメントが不敵だったのだ。

「犬が人を噛むとニュースにならないが、人が犬を噛むとニュースになるんですね・・」


ようは、ありえない事が起こってしまった・・と皮肉タップリに切り返してきたのだ!
しかし810には、その後もコロナを抜き去る底力は残っていなかった・・

そんな810ではあったが、この SPIRIT20 だけは羨望のまなざしで見られる事となったのだ。
なにせHT・セダンそれぞれに650台しか作られなかったのだ。
今となっては絶対に見ることさえ不可能だろうが、この20周年記念モデルだけは、常にコロナの影に怯える
「負け犬」ではなかったと、私は今でも思っているのであるが・・・

さらに、この屈辱とも取れる新聞記事が910の開発に拍車を掛けたことは言うまでも無かった。。。

画像の説明
上)フロントグリルなどをブラックアウトされ、限定色をまとったSPIRIT20ハードトップモデル。
.  .このマルーン&シルバーの他に、ブルー&シルバーの二色が用意されていた。
下左)810前期のGLグレードモデル。
下右)810前期SSSハードトップ。専用グリルが精悍だ。しかも810にこの様な、鮮やかなレッドが設定されて
.  .いた事を知らない人が意外に多いのだ。
The history of DATSUN & NISSAN へ

復活!ブルーバードへ



広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー