Image
WELCOME TO MY HOMEPAGE
逆襲 GT−R富士フルコースで
ロータリーに逆襲する
Image

お願い:画像解説の文字が画像の下になるようにウインドウの幅を調整下さい。


逆襲のGT−R 孤高のチャンピオン



世代交代を思わせる5月に日本GPの敗退で、マスコミや多くのレースファンの中からも「GT−Rの
時代は終わった・・」との声が盛んに聞かれるようになった。。。
これは、この年の9月には、大きく重くなった新しいスカイラン「ケンメリ」の登場が輪をかけていた
からかもしれない。

GT−Rにとって悪夢の5月からひと月後の6月。そんな雑音を掻き消すかのごとく、GT−Rは富士
グランドチャンピオン戦第二戦に出場した。

このレースはGT−Rのホームグランドである、富士の6kmフルコースで行われる。
6Kmフルコースに合わせてGT−Rは完璧なまでにセッティングがされていたのである。

このフルコースのテクニカルなコーナーを、日産パイロットたちの「秘儀」と「神業」を駆使すれば生き
返るに違いない・・・そう思ったファンも少なからずいた事も事実である。


かつては、フロントローが当たり前のGT−Rだったのに・・・」

レースの予選が終わった・・・

GT−R勢のはかない望みも「サヴァンナ」が打ち砕いてしまったのだ。。
GT−Rパイロットの「北野」、「都平」のテクニックを持ってしても、GT−R勢はセカンドポジション
を取るのがやっとであった。

決勝の幕が切っておとされた!

重量が軽く、ローギアドの真紅の「サヴァンナ」が、甲高いロータリーサウンドを響かせながら先頭で
バンクへ突入する!
もはやGT−Rは、この「サヴァンナ」の後塵を拝するしかないのか。。。誰もがそう思ったに違いない。

スタンドとピットの目が、次のコーナーの出口に注がれた瞬間、誰もが目を疑ったのだ!そこで聞えた
のは、乾いたエキゾーストを響かせた懐かしいS20のサウンドと共に北野のGT−Rが先頭でマシンを
真横になびかせ飛び出てきたのだ!

スタンドは一瞬の沈黙の後、大歓声へと変わった。

不屈の王者GT−Rが、その持てる全ての力と、北野の「秘儀」によって、「サヴァンナ」をコーナーで抜き
去っていたのだ!

しか「サヴァンナ」はその軽量さを生かして、コーナーの出口ではGT−Rにぴったりと背後に付いている。
最終コーナーを立ち上がって、富士の長いストレートに入るや否や「サヴァンナ」はGT−Rを事も無げに

富士のストレートが、これほど「長い」とは・・・・
GT−Rにとって、この直線は「無常」というしかなかった。。

最大限のスリップを使って、それでも北野は「サヴァンナ」の追撃の手を緩めなかった。
6月というのに真夏を思わせる、鋭い日差しがマシン達を焼き付けているというのに、北野は空気抵抗の
増大を嫌って「コンマ一秒」 でも早く走る為に窓を閉め切っていた。

マシンから発する熱と、太陽の熱によってGT−Rの室内は「灼熱地獄」になっていたが、その熱地獄の中
から北野の目は「サヴァンナ」しか見つめていなかった。
再びコーナーが迫る、するとGT−Rがすかさず「サヴァンナ」に襲い掛かる、GT−Rが「サヴァンナ」を抜き、
最終コーナーを抜けストレート・・「サヴァンナ」が抜き返す・・

レースの死闘は延々と続いた・・・

「サヴァンナ」が先行し北野が抜く、再び「サヴァンナ」が・・・
富士のコースは、まるでこの二車だけでレースが行われている様であった。。。
激しいぶつかり合い、二台の距離は皆無に等しかった・・・

そして、北野GT−Rはこのレースに勝利した。

表彰台に立つ北野は、灼熱のGT−Rの室内で戦い続けた為に脱水症状を起こしていた。。
本来なら勝利に喜び満面の笑みを浮かべる場面でありながら、北野の顔は青白く、コーラを持つ手は小刻
みに震えていた。。。

GT−Rは勝った。

しかし、その勝利は北野の「神業」と、「執念」によって得られた何ものではなかった。。。

GT−R終焉の時計は、無常にも刻一刻と時を刻んでいたのだ。。。

10月10日。その日に向かって時間は過ぎていった。。


日産・DATSUNの戦士達TOP
復活!ブルーバードへ
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー