Image
WELCOME TO MY HOMEPAGE
苦闘 サイドポートで闘うマツダの
苦闘そして飛翔
Image

お願い:画像解説の文字が画像の下になるようにウインドウの幅を調整下さい。




REの逆襲はあるか!?
スカイラインが大柄で空気抵抗が大きく、重量も削減できない・・といった制約を2ドア化、HT化によって劇的
に改善し、さらにエンジンのチューニングによって戦闘力を増す中、マツダは、相変わらず苦しい戦いを強い
られていた。

全ては、吸気の方式を「ペリフェラル・ポート」から「市販車」と同じ「サイド・ポート」にレギュレーションが決め
られてしまったからだ。
「サイド・ポート」では、吸気と排気の「オーヴァーラップ」が大きく取る事が出来ず、高速域でのパワーアップ
が非常に困難になってしまうのだ。

さらに、「サイド・ポート」では、吸気の吸入経路が
90度曲がってしまうので、大幅に吸気の抵抗が増
し、レスポンスにも影響を及ぼしていたのだ。

マツダは1970年カペラを発売し、それまでの「ロ
ータリー・クーペ」の「10Aロータリー」より排気量の
大きな「12Aロータリー」を搭載させた。

この時点で、実は「ペリフェラル・ポート」での開発
が終わっており250PSを軽く超えていたが、「サイド・ポート」では220〜230PSしか馬力が望めなかった。

しかし、マツダ勢にとって、馬力の上がらない「ロータリー」であっても、

「車両重量の軽さ」
「空気抵抗の少なさ」

そして意外に見落とされがちなのだが、

「発売年月の新しさ」つまり「設計年度の新しさ」でGT−Rに対して大きなアドヴァンテージを持っていたのだが
・・・現実には、

「GT−Rに対抗できるポテンシャルは備わったが、
GT−Rを確実に撃破するまでのパワーは持ち合わせていなかった・・」 のである。。。

1972年3月10日、マツダの新型車の対米輸出
が開始された。
その新型車の名前は、「サヴァンナRX−3」

実は、この対米輸出には、マツダ・ロータリーの
拡販と共に、「マツダ」にとって「秘策」があったのだ。

その搭載エンジンの名称は「12Aロータリー」。

それまで国内仕様の「サヴァンナ」には、「ロータリー
・クーペ」に搭載された「10Aロータリー改」が搭載
され「GSU」というグレードがトップグレードだった
のだ。

「12Aロータリー」を「サヴァンナ」に搭載すれば、
「馬力荷重」では完全にGT−Rを上回る事ができる、
そう、マツダは北米での拡販と共に、打倒「GT−R」
の秘策として、まずは北米向けに「12Aロータリー」を搭載したのであった。

果せるかな、北米輸出を開始したと同時に「マツダ」は、「サヴァンナRX−3」の「公認車両認定」を、8日後の「3月
18日」には受けていたのだった。

しかし「マツダ」はさらに「サヴァンナRX−3」の戦闘力を上げるために「サイド・ポート」チューニングの「秘儀」を
開発していたのだった。

最初に「サイド・ポート」の「開口部」を広げると共に、吸気の「タイミング」を早めるために、拡大した「サイド・ポート」
の外側にさらに「弓形のポート」を追加したのだ。

この追加された「拡大サイド・ポート」の横の「弓形ポート」は、非常に位置と加工が難しいモノであった。

というのは、「弓形ポート」の加工と位置を誤ると、「オムスビ型」のローターの頂点の「アスペックシール」と、ロータ
ーの側面の「サイド・シール」が「脱落」や「破損」する場合があったのだ。

さらに「サイド・ポート」の拡大と、この「弓形追加ポート」
の位置と大きさを阻害する要因としては、ポートの近辺
には「冷却用」の水路もあったのだ!

この「冷却用水路」も「ポート拡大」を妨げていたのである。

よいよ「マツダ」の「秘策」もここまでか・・と思われたその
時、誰とも無く呟いた・・・

「冷却水路を無くしてしまったらどうだろうか?・・」

急いで「熱分布」の見直しが行われ、そして・・・

「マツダ」の技術者達は、ポート周りだけ「冷却水路」を塞ぐ
という驚くべき対策を打ったのだった。。

その結果、さらなる「ポート」の拡大が可能になり、「10PS前後」の馬力を得る事に成功したのだ。

これで「サヴァンナRX−3」は、最大で240PSを得る事が可能になり、「馬力荷重」で完全にGT−Rを上回る事が
確実になったのだ。

一方その頃GT−Rは激しい降雨の中、念願の「50勝」を手中に収めていたのだった。。。

日産・DATSUNの戦士達TOP
復活!ブルーバードへ
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー