Image
WELCOME TO MY HOMEPAGE
再度 欧州にロータリーサウンドが鳴り響く!ポルシェとの死闘!
Image

お願い:画像解説の文字が画像の下になるようにウインドウの幅を調整下さい。


REのリヴェンジとGT−Rへの挑戦
ニュルでの一応の成果を上げた「マツダ」は、翌年69年には「コスモスポーツ」から本格的ロータリー
量産車「ファミリアロータリー・クーペ」を、欧州に繰り出す事になった。。。

ファミリア・ロータリー・クーペは、その優しげな外観とはまったく異なり、まったくのじゃじゃ馬であった。
とにかくリヤの板バネが、ロータリーのパワーを吸収できなくて、発進時にはジャダーを起こすわ、比較
的柔らかい足回りだったせいもあって、高速走行では路面のコンタクト感が希薄で、まさにCMのキャッチ
の通り「飛んでいる感じ」であった。

それにしても、当時からマツダの広告はオシャレである。
まともにクルマを写すのではなく、クルマのサイドウインドに写した姿を使うなんて・・・


話は欧州へのチャレンジに戻るが・・・

欧州のレース用として、「マツダ」は吸気ポートを完全な「ペリフェラルポート」とし、まったくレースに適した
仕様に変更した。
馬力も耐久性に自信を持てたので、耐久レース仕様でも170PS/8000min-1と大幅にポテンシャルが
向上していた。

ブレーキも4輪ベンチレーテッドディスクとし、ホイールのサイズもエンジンの馬力向上に合わせてフロント
9J、リヤ10.5Jという恐ろしく幅広のホイールを履く事になり、必然的にオーヴァーフェンダーで、はみ
出たホイールとタイヤをフォローすることとなった。。。

戦闘力の増した「ロータリー・クーペ」は、スパ・フランコルシャン24時間レースで1〜4位のポルシェに
ついで5、6位をGETするなど、その活躍は目覚しい物があった。

そして運命の8月、「マツダ」は再びニュルブルクリンクに現れたのだ!

「マツダ」は三台の「ロータリー・クーペ」をエントリーし、打倒ポルシェに燃えていた。

この年のニュルは、まったく天候に恵まれず84時間の内に豪雨に見舞われるなど最悪のコンディションに
なってしまった。。



片山/片倉/武智組は33時間目にクラッシュしてしまい、二台目は、何と65時間目に燃料タンクからのガソ
リン漏れで棄権・・・
すべては、もう一台の「ロータリー・クーペ」に運命は託されたが、途中の豪雨で2ローターのリヤ側の排気
マニホールドが急激な温度変化に耐え切れず、排気漏れが発生し、排気音が大きくなってきていた。。

ニュルでのレースでは、当時から排気音量の規制があり、このままでは失格の危険性も出てきてしまった。

ピットインの度に簡易的な処置を施したが、猛烈なペースでのレース運びが仇となり、いくら補修しても排気
漏れが再発、すると「マツダ」チームは誰もが想像しなかった手段を施したのだ!!

それは排気漏れの生じているリヤのローターの燃料をカットしワン・ローターで走行を始めたのだ!!

まさに、ロータリーエンジンなら可能である奥の手を施したのだ。

ワンローターという、まったくの戦闘力不足でありながら、最後まで走り続け、まさに執念の5位入賞という
奇跡をおこしてしまったのだ。。

その頃国内では、サーキットに一向に現れない「マツダ」に対して、海外で戦績を上げながらどうして・・・という
疑問と、ロータリー・クーペの戦闘力を測りかねて、戦々恐々とした異常な雰囲気が支配していたのである。。

しかし、その沈黙はまもなく、当時の王者「GT−R」に牙をむくこととなったのある。。

それは、同時に広島県人である私と、日産党である私の内面で、激しく葛藤が始まった時代でもあった。。。

日産・DATSUNの戦士達TOP
復活!ブルーバードへ
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー