Image
WELCOME TO MY HOMEPAGE
登場 王者GT-Rの運命は!?
ロータリー国内初出場!
Image

お願い:画像解説の文字が画像の下になるようにウインドウの幅を調整下さい。


ついに国内参戦!GT−Rとの戦いが始まった!
海外で華々しい活躍を続ける「ロータリー」。
その国内への登場が噂されては消え、また噂されて・・・という状態が続いたが、「マツダ」は続けて欧州への
チャレンジに注力しよう・・・という腹づもりだったのだが、費用の面、そしてやはり国内で直接レースをやった
方が、ダイレクトに宣伝効果があるという判断から、実はそのチャンスを狙っていたのだ。

日本グランプリに合わせて'70年5月から、ロータリー・クーペ用の「スポ
ーツキット」の発売をし、よいよ「王者GT−R」との戦いの火蓋が切って
落とされたのである!

GT−Rは'69年10月の日本グランプリからルーカス製のフェールイン・
ジェクションを搭載し、240PS/8400min-1、21.4Kg-m/6800min-1
を誇るまで成長していた。
もはやR380を馬力では超えようとしていたのだ!

一方のロータリークーペも、欧州での転戦でさらにチューニングの見直
しが行われ200PS/9500min-1 !!を発揮するまでに至っていた。

馬力ではGT−Rが圧倒的に有利だが、実際には軽量でコンパクトな
ロータリークーペの戦闘力は侮れないものがあった。

5月3日富士スピードウェイの6Kmのフルコースにて、ついに両雄の直接
対決と相成ったのである。

予選では1位〜4位までGT−Rが締め貫禄を見せ付けたような形になったが、5位6位にはしっかりと0.2秒差
でロータリー・クーペが虎視眈々とGT−Rの隙を狙っていたのだった。
スカイラインは、これまでの富士での戦いのノウハウがあり、6Kmのフルコースに合わせて完全に調整されており
、その為コーナーでローギアまで使用することを考慮に入れていたので、かなりハイギアードな設定になっていた・・・

果せるかな、決勝ではスタートでロータリー勢が一気に飛び出しGT−R勢を引き離した!!

しかしながら、走り出してしまえばローギアもハイギアも
関係ない!
逆に足回りもギアも完全にコースに合わせてセッティング
されたGT−Rがコーナーではロータリークーペを圧倒
していた。

コースの中盤ヘアピンでは、高橋国光のGT−Rが先頭
に立ち、つづいて片山ロータリー、都平GT−R、黒澤GT
−R、武智ロータリー・・・の順で通過して行った







実はロータリークーペは、コーナリングが苦手なクルマ
だったのだ!!!

ロータリークーペはコーナーの度に、フロントイン側の
タイヤを浮き上がらせる三輪走行を見せたが、これは
フロントのロールセンターが異常に高く、これによって
イン側のタイヤが浮いてしまっていたのだが、さらに
追い討ちをかけて、スタヴィライザーも必要以上に締め
上げられていた事も、拍車をかけてしまっていた。。









これでは、コーナーを素早く走る事はできず、また安定性
にも欠けるので、コーナーでは思わぬ激しい挙動を示し
GT−R勢を驚かす事もしばしばであった・・・

富士のコーナーがGT−Rの順位を上げ、ロータリー
クーペ不利か!?と思わせたが、そこは欧州の並々なら
ぬライヴァル達を蹴落として来たつわ者である、最終
コーナーを抜け富士の長い長い直線に入ると、軽量で
前影投影面積が少なくクーペボディの空気抵抗の少ない
事も手伝って、次々にGT−Rを抜いて行ったのである。。

富士のストレートはGT−Rにとって非情にも長すぎたので
あった。。。







しかしながらコーナーに入ると、再びGT−Rが三輪
走行するロータリー勢を、見事な低い姿勢でカウンター
を当てつつパスし、抜き去っていた。
そして最終コーナーを抜けストレートでは、ロータリー
クーペが・・・
延々とめまぐるしく順位は入れ替わり、観客はいつ終わ
るとも尽きない激しいバトルに酔いしれたのだ!!

そんな戦いにもついに終止符が打たれる事になる、さす
がにストレートではGT−Rより早いロータリクーペで
あったが、サーキットはストレートばかりでは無い!

卓越したマシンのコーナリング性能と、「日産サーカス
軍団」と言われた超人的なドライヴィングテクニックで
GT−Rを、たくみにコーナーでは右に左にコントロール

、徐々にロータリー勢を引き離し、最後にはGT−Rがワンツゥーをもぎ取ったのだ!!

コーナリングに難が・・と言いつつも、マツダはこのレースに備え、ブリジストンにフロント10インチ、リヤ12インチ
という、当時としては空前絶後のサイズのタイヤを開発させ望んだが、根本的なコーナリング性能の改善には至ら
なかったのである。

それでも上位に食い込んだのは、空気抵抗の少ないボディ形状と、ロータリーの、果ての無い高回転まで回る直線
での「伸び」があったからである・・
このことから、GT−Rはさらなる馬力の向上と空力の改善、ロータリークーペ勢は、足回りの改良に時間を費や
される事となったが、実は「マツダ」は次のマシンの開発に着手していたのである。。。

王者GT−Rの牙城を崩すために、静かにそのチャンスを狙っていたのであった。。。

日産・DATSUNの戦士達TOP
復活!ブルーバードへ
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー