Image
WELCOME TO MY HOMEPAGE
未知の国へ荒業で乗り込む!
空を飛んだ戦士 410 ブルーバード
Image

お願い:画像解説の文字が画像の下になるようにウインドウの幅を調整下さい。


どうしてフィンランドなのか!??

ここにブルーバード410の広告がある。

今となっては、世界中に輸出されている日本車だが、昭和30年代では、
まだまだ少数派であったし、当の日本人でさえクルマが、多くの国に輸出
されている事さえ知らない人が多く居たくらいなのだ。

そんな中で日産は、いち早くグローバルに輸出を始めていた「先駆け」の
自負と「実績」がこの広告に表れていたのだ・・・・。

しかし、この広告を見ていて皆さんはひとつ疑問を感じなかっただろうか?
それは輸出先として最初に「フィンランド」が挙げられている事が不自然に
感じなかっただろうか?

実は、広告で「フィンランド」がトップに挙げられた大きな理由があったのだ。

国産車がまだ見知らぬ国々で受け入れられる為に、いまの私達が想像でき
ないくらいの血の滲むような努力をしていた事を、私は伝えたいと思うのだ。

「レース」や「ラリー」と言ったフィールド以外でも、かつて国産車は果敢に
海外で闘っていた事を今日は皆さんにお伝えしたいと思うのだ。


ジャンプ台を登ったクルマがあれば飛んだクルマもあった!

昭和30年代から40年代の初頭、日本車はそのフィールドを、北米やアジアのみならず欧州などにも進出を
図ろうとしていた。
しかし、当時の日本は発展途上の敗戦国という認識でしかなく、特にこれからの輸出
先として期待される欧州では、老舗のメーカーも多く進出に苦心していた。

特に知名度の低い北欧では、進出
のキッカケも掴み辛く苦心していた。
「普通の売り込み方ではダメだ!」
そう判断した日産は、無謀とも思え
る公開実験を行って、まずは一般の
ユーザーへのアピールを行う事にし
たのだ。

それが、スキーのジャンプ台から
「ブルーバード」を滑降させるという
無謀とも思えるチャレンジであった。

1965年、フィンランドの「アローン
ヒル」と呼ばれるジャンプ台に一台の
410が居た。

トランクには、前後のバランスを取る
為に「150Kg」のセメントの塊が敷
き詰められていた。
ドライヴァーは「ペタージア・ニエミー」氏。

頂上の高さは50mで最大斜度66度という、スキーやス
ノーボードを経験した事のある人ならお分りだろうと思う
が、その斜面から下を見れば、感覚的にほぼ垂直に
思えるくらいの急な傾斜である。

410はサミットを駆け降り出した!!

最初はゆっくりと、そして30mのジャンプポイントに
差し掛かると、猛然とドライヴァーはガスペダルに力を
込めた。

「ブルーバード」は叫びにも似たエンジンの雄たけびを
上げ地面を離れた!!




数秒の無音の「時」が過ぎ、「ブルーバード」は地面に
叩きつけられるかの如く、轟音と共に着地した。

猛然を立ち上がる土ぼこりと、飛び散る地面。

その瞬間に「ブルーバード」には、想像を絶するストレス
が入力され、さらにバランスを取る為に積まれたセメント
が、サスペンションとシャーシに「荷重」という恐怖を与え
た。





もうこれでいい・・・誰しもがそう思ったに違いない。

しかし、テストは終わる事無く続けられたのだ。

着地した瞬間から、素早く「ブルーバード」の体勢を立て直し、ドライヴァーはさら
低いギアからエンジンに鞭を打ち続けた!!

時速130Km・・・

そこから急なステアリング操作によって、激しくクルマを向きを変え続けた・・・

「突発事故とDATSUNの安全性」・・それがこのテストのタイトルであった。

さすがに、このテストのインパクトは強烈で、そこから一気にDATSUNの人気が
高まった事は言うまでも無かった。

それまで苦心していた販売も急激に上向きになった。
フィンランドでの日本車・・いやDATSUNの人気は不動のモノになった瞬間
でもあった。

軟弱になった今の日産に、これほどまでの熱意と気迫が存在するのだろうか?
無名・・・先人たちは、まさに身を挺してDATSUNの普及に躍起になったのだった。

それはラリーやレースと言った華々しい闘いではなかったが、大きくその後のDATSUNの輸出の礎となった
のだった。

その熱意と努力で勝ち得た実績が、先の広告で「フィンランド」が最初に来た内幕であった。

ちなみに・・・

テストに使われた「ブルーバード 410」は、社外の検査機関によって精密にチェックされ驚くべき結果が公表
された。。。

フロントのバンパー下のエプロン部にヘコミは見られたものの、その他のボディは勿論の事、フレームにもダメ
ージは認められず、さらにサスペンション、エンジン等にはまったく異常が認められなかったというのだ。






















国産初のモノコック・ボディをまとった「ブルーバード 410」は、華麗なピニンファリーナのエクステリ
に似合わず、生まれつき「タフ」で「快速」の戦士でもあったのだった。。

日産・DATSUNの戦士達TOP
復活!ブルーバードへ
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー