Image
WELCOME TO MY HOMEPAGE
日本が車を作れるハズは無い!
屈辱と勝利の船出
Image

お願い:画像解説の文字が画像の下になるようにウインドウの幅を調整下さい。

謎のドラッグ・スター
















異様に太いタイヤとコケティッシュな外観がアンマッチ・・          外観に比べて内装ハスパルタンそのもの

日産はその黎明期から、モータースポーツに感心が高かったと思われる。その初期からDATSUNロードスター
を作っていたし、その後のサファリや、国内のGPにおいての活躍を見れば納得がいくだろう。

私が日産のモータースポーツの画像で一番古い部類のモノが、ここに上げた210型の画像である。
これは、’69年の富士スピードウェイで行われた、サンデーレースのモノで、この210はいきなり表われて
大方の予想に反して、あれよあれよという間に決勝まで進んで優勝した・・・クルマである。

ワークスカーでなく、プライベーターのクルマであった為、エンジンスペック等はまったくの不明で、今だもって
謎なクルマの一台である。

どなたか、この210の詳細をご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ情報を頂きたいのだが・・・。

正式に日産のクルマが国際舞台に打って出たのは、これからさかのぼる’58年のオーストラリア一周ラリー
からであった。

お前達にクルマが作れるハズは無い!
まだ国産車のスピードの壁が「100km/h」だった頃、
日産は自社の車が一体、どの位のレヴェルなのか?
判りかねていた。
一番そのレヴェルを知る方法として彼らは、大胆にも
いきなり国際的なラリーへの参加を考えた。

「どうせ出るなら一番過酷なモノ」・・・と選んだのが、
「オーストラリア一周ラリー」であった。

このラリーはオーストラリア大陸を一周16,000kmを
19日掛けて走破するというラリーであった。
そのラリーには、サイドヴァルヴからOHVに変わった
当時の最新型のダットサン210と、四人の若武者で
出場する事になった。
それを実現する為に社内をまとめたのが、当時宣伝
課長であったMr.Kこと片山 豊であり、若武者の
一人が後のNISMO社長になった難波靖治だったのだ。
 難波が乗った「富士号」は総合24位クラス優勝した。
 鯉のぼりを掲げてのFINISHの写真は、つとに有名。






















ラリーの簡略な地図・・これだけでも過酷さが分かる。     富士川での水中走行訓練。まだ社内には、こういったテストコースが無かった・・・

ラリーの準備は、ほぼ半年前から始められた。まずは、片山が前年度、出場したトヨタに趣き、ラリーの様子や
オーストラリアの事情を調べた。
次ぎにクルマであるが、当時はまだチューニングという概念が無く、部品を強化するという手法が取られた。
実際には、出場車用のダットサンの部品は工場で一番デキの良いモノが集められ、さらに熱処理を一段と加え
て通常より強度を増す・・・といった事がなされた。

ドライヴァーの訓練は、吉原工場から太平洋側を周り下関へ出て、そこから日本海周りで吉原工場に戻り、さら
にそこから太平洋側を回って、青森へ行き、日本海周りで吉原工場へ戻るといったコースを設定して、ノン・スト
ップで二周するという、約8,000kmの訓練を数度行い、さらにスピードに慣れる為に北海道の原野で訓練を
した。

よいよ出発の時、難波達は上司から意外な言葉を聞くことに
なった。
「勝とうと思うな。勝つよりも、壊れたら修理して必ず完走
する事。そして何処がどう壊れたか、他のクルマは、どう
だったか観察し、できればデータと取るんだ!」

それは、難波達にとって屈辱的な言葉であった。競技に出る
のに何故、勝利に拘ってはダメなのか?俺達は会社に期待
されていないのか・・・。
そんな難波達であったが、オーストラリアに旅立つ日、羽田
空港では、オーナーズクラブ他、大勢の人達が激励会を催し
てくれ、難波達を多いに元気付けさせてくれたのだった。





  盛大な羽田での激励会。垂れ幕の文字が年代を感じさせる・・・

オーストラリアに着くなり、彼らにさらに苦しく辛い現実が
待っていた。
終戦から13年が経っており、過去の戦争の傷跡はたい
したことは無いだろう・・と予想していたのだが、実際には
そうでなかったのだ。
領事館からは「多少、不愉快な事もあるでしょうが・・」と
言われたのだが、食事中にクルマの日の丸が削り取られ
たり何より、日本がまだ敗戦の痛手から立ち直っていない・
と思われており、何処へ行っても、同じ事を質問された。

「これは全部、日本製のクルマか?」難波達は「もちろん
全部、日本製で出来ています!」と答えるのだが、それでも
「バッテリーは?ガラスは?タイヤはどこから輸入したのか
?」と矢継ぎ早に質問してくるのだ。

それも無理からぬ事であったのだ、なぜなら当時オースト・
「ウソだ日本がクルマを作れるハズは無い!」容赦ない言葉が難波達を襲う。.ラリアでは、GMを国産化してホールデンを作っていたのだ

しかし、難波達を悩ませたのは、そんなナショナリズムだけではなかった。
まずは、こんな小さなクルマに、三人も乗って参加する事に好奇の目が集まった。しかし、サービス隊を持たない
日産は、壊れたら自分達で直して走らなくてはいけなかったのだ。ドライヴァー二人は日本人、もう一人はナヴィ
ゲーターとして現地から人を雇ったのだ。

今度は、そのナヴィゲーターから疑問を投げかけられてしまった。「ラリーは軽いクルマが勝つんだ!日産は勝つ
気が無いのか?」
難波は言葉の意味が分からなかった。「どうしてだ?」と聞き返すと「日産は競技だけでなく工具も売ろうとして
いるのか?」「このクルマには、普通の倍の工具を積んでいるではないか?6丁で良いスパナを12丁、ボックス
も24駒で良いのではないか?」

もっともである、残念だが当時の日産車は、エンジン周りは「インチ」それ以外は「メートル」のネジが使われて
いたので、必然的に工具が二倍分必要になってしまっていたのだ。

ラリー開始の前日、監督の片山はメンバーを集めて
こう言った「我々は亀である。遅くとも確実に走れば
、最後にはチャンスがある!だから無理はするな!」
と。

ラリーは始まった。全体としてアヴェレージは早いが、
豪雨と洪水で事故が多発したラリーとなってしまった。

ラリーが進むに連れて、道端にクルマの残骸が目立つ
様になった。
現地のナヴィゲーターは言った「Mr ここで止まった
ら、ああなるんだと・・・」切ない言葉であった。

参加台数67台で、19日間の過酷なラリーを完走した
のは、何と35台になっていた。
DATSUNは二台共完走し、難波が乗った富士号が、
総合24位でクラス優勝。もう一台が殆ど最下位で
 スタックした富士号を他のクルマのクルーが助ける。のんびりしている。   あったが、クラスでは4位と、トヨタがクラウンで二年
連続で出場していながら、完走さえできなかったのに、初出場で結果が残せたのは立派と行って良いだろう。

このラリーで、日産はより多くの事を学んだ。高速走行での振動問題。電気系の水対策・・・

ラリーは正に走る実験室だと。

ダットサン210型
全長3860mm 全幅1466mm 全高1535mm
ホイルベース2220mm
車両総重量 925kg
エンジン..  水冷直列4気筒OHV
排気量..   988cc
最高出力.  34ps/4400rpm
最高速度.  95km/h
 

日産・DATSUNの戦士達TOP
復活!ブルーバードへ
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー